巻き爪 治し方 矯正器具

足の爪が食い込む!痛い巻き爪を自分で治す方法

 

歩いている時に足指が痛いと感じても、靴があってないからとかそのくらいに考えていたのが、「巻き爪」という症状だったという場合が多いようです。巻き爪というのは初めは気づきにくいんですよね。

 

> 自分で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ <

 

巻き爪の存在を知らないと、爪のところが痛いから「スマホで検索!」でもしない限りは巻き爪の治し方にはなかなかたどり着けません。痛い部分をよく見たら爪が刺さっていて、これが原因かと爪を切って悪化してしまうことも。。。

 

巻き爪の原因や治し方について理解してから、完治させるために行動していきましょう!

 

巻き爪対策グッズで自分で直そう!

 

 

巻き爪を自分で直すためにいろいろなタイプの巻き爪対策グッズが販売されています。

 

靴を履くのが困難だったり、まともに歩けないという場合には病院で治療を受けた方がよいでしょうけど、まだ病院に行くほどでもないけど爪が食い込んで痛いという巻き爪ならこういった市販されている巻き爪対策の予防グッズを使用するのが手っ取り早い方法です。

 

巻き爪を治すのに市販されているグッズは、皮膚に食い込んでいる爪の形を平らに直していくためにワイヤーなどで固定してしまうものが多いです。

 

軽度の巻き爪の場合には、シールや薬剤を使用するものも手軽に使えるので人気があります。しかし、根本的に巻き爪を完治できるものではないのでそこは注意が必要です。

 

≫ 巻き爪矯正グッズの詳細

 

巻き爪対策グッズのタイプ

 

ワイヤー 金属などでできたワイヤーを爪にひっかけて矯正していくタイプ

爪の両端や先端にワイヤーを装着するので爪をぎりぎりまで切ってしまうとつけることができません。

 

 

シール 爪にリフトアップ効果のある軸のあるシールを貼るタイプ

簡単に使用できますがその反面、履いている靴の形状によってはシールが剥がれてしまうことがあります。

 

 

薬剤 硬くなって食い込む爪を塗ることでやわらかくする塗り薬タイプ

爪を柔らかくして食い込まないようにしていくのですが、中程度以上の巻き爪ですとあまり効果が期待できません。

 

 

巻き爪の状態によってどういった対策グッズを使えばいいのかが分かれてきます。自分で完治までできると思われる中程度までの巻き爪ですと、ワイヤーを使用するタイプのグッズが一番効果的です。

 

私の場合は痛みの軽減でいえば次の日には食い込んでくる痛さを感じなくなりました。購入時の注意点としては爪の厚さによってワイヤーの強度に種類があるので間違えずに選ぶことが必要です。

 

(巻き爪ブロックの強度www.fine-hearts.com/PC.htm

 

上記はSサイズ(爪の横幅でサイズ別になっています)の矯正力の数値です。爪の強度、巻き爪の変形度合によってノーマル、ハード、スーパーハード、ウルトラハードの4種類から選ぶことができます。

 

> 自分で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ <

 

巻き爪の主な症状とは

 

 

巻き爪というのは、爪の横が皮膚に巻きこんでくるような症状を言います。グイグイと爪が食い込んでしまって皮膚を傷つけてしまいます。とくに夏場は蒸れて化膿することも多くなりますし、指先は神経が密集している場所なので激痛でちゃんと歩けない事態になることも。(妊婦の巻き爪が化膿したら

 

ほとんど家にいるから、長時間、靴を履くことがないという場合はそれほど悪化しないようですが、ビジネスマン、OLさん、会社員など靴、パンプスなど窮屈な形のものを履いて爪が食い込んでいる箇所に圧力がかかるとどんどん悪化してしまいます。

 

指先は神経がこまやかなのでとっても痛いんですよね。とくに、ヒールのあるパンプスを女性は重傷化してしまうことが多いのです。この厄介な巻き爪はどうやって治していくのかというと、爪が丸まっていかないように矯正していく器具を使用するのが一般的です。(巻き爪の原因になる靴

 

自分で巻き爪を安全に治療できる矯正器具として、巻き爪ロボと巻き爪ブロックがあります。

 

巻き爪ロボの特徴

たったの30分!巻き爪を素早く矯正する器具

  • すぐに治してしまいたい巻き爪に!
  • 短時間の矯正で爪を平らに!
  • 硬い爪でも大丈夫です!

価格 評価 備考
19,800円 評価5

 

巻き爪ブロックの特徴

自分で簡単に巻き爪矯正ができてしまう!

  • 自分でも簡単に装着できるので人気!
  • バネの強さ、爪の幅サイズを選べる!
  • 耐久性があるので何か月も使えて経済的!

価格 評価 備考
3,000円 評価5

 

自宅で自分でできる巻き爪治療の矯正器具ですが上記の2つのタイプがあります。

 

  • 30分という即効で爪を矯正できるタイプ
  • じわじわと爪の形を治すバネタイプ

 

じわじわと爪が皮膚に食い込んでいるのを治していくといっても、こういった巻き爪矯正の器具を付けてから10分程度で「あれ?さっきより痛くない?」と感じることができます。

 

食い込んでいる圧力・勢いが矯正器具を付けていることで皮膚に集中して掛らないからなんですよね。また、巻き爪ブロックは医療機器の認可も受けているので安心です。

 

使いやすい方はどちらかと言えばじわじわタイプでしょうか。こちらの矯正器具はとても薄っぺらくてそのまま靴や靴下を履けるので1日中、装着しておけるので一度強制的に直したのにまた食い込んできた!ということが予防できます。

 

そしてなにより自分でも簡単に使えるところもメリットです。短時間でグイグイ治すのは女性なら特に度胸が必要かもしれませんが、操作も簡単なので、酷い巻き爪で1日でも待てないという方は即効タイプの巻き爪ロボがおすすめです。

 

> 巻き爪ロボの詳細はコチラ <

 

手遅れになる前に・・・

 

悪化した巻き爪

巻き爪の手遅れって?もしかして命に関わるんじゃ・・・!なんてびっくりした方がいたらごめんなさい。命に関わったりとか脚を切断とかそういった怖い話ではないのですが、巻き爪が進行していくと大変な事になります。

 

爪が刺さって痛いという程度ならまだしも、爪がぐるぐると丸まりすぎて完全に一周してしまったり、またはそれ以上に進んでしまうこともあるんです。こうなるともう普通の靴は履けませんし、歩くのも大変です。

 

年配の方だと外出も億劫になってしまって、足腰が弱ってしまうロコモ(運動器症候群のことロコモティブ・シンドローム)になってしまうかもしれません。老化は足からといいますが、、毎日の歩数が少なくなると足の筋肉が低下していくのはよくありません。

 

これだけ爪がぐるぐるな巻き爪になってしまうと、おしゃれなパンプスも履けませんし、働き盛りのパパもフットワークが悪くなります。それほどまでに悪化するほど放置してしまう方は多くはないでしょうけど、巻き爪になっているのを気づいたら早くに治療をしていきましょう。

 

> 自分で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ <

 

器具でも治らないと手術に・・・

 

何度、矯正してもぐるぐる爪が丸まってしまう重度の場合は手術をすることもあります。手術方法にもいろいろあって、

 

 

が良く知られています。手術となると傷跡はすぐには治りませんし、治療費用もそれなりに必要になってきます。手術縞麻酔をするといっても術後は激痛を伴うことがありますし、重症化する前に早く巻き爪を治してしまいましょう。
⇒ 巻き爪の手術、手術後の痛みは続く?入院は必要?

 

巻き爪を治療するほどでなくても、出先で歩くのが痛くなってしまった!という場合や、巻き爪矯正するほど丸まってないけど爪の横が皮膚に当たって痛い陥入爪(かんにゅうそう)なら、応急処置としてスポーツの時に使うテーピング、ティシュー(ティッシュ)、絆創膏などを利用してコットンパッキングする方法が手軽にできておすすめの方法です。
⇒ 巻き爪が痛い時の応急処置

 

≫自力で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ

 

巻き爪にならないよう予防対策も重要

 

巻き爪になる原因がわかっているときはその原因を取り除き、靴も足を圧迫しないタイプに変えて、ちょっと皮膚に爪が当たると思ったら、すぐにバネを装着するなど悪化しないように気を付けましょう。

 

悪化してくると痛くて辛いのはもちろんですが、完治するまでに時間がかかってしまいます。再発し、何度も繰り返し巻き爪になることが多いので予防方法を確立しておくことはとても重要なことです。

 

ジェルネイルで巻き爪の予防になる?
若い女性を中心にネイルケアが人気がありますが、マニキュアと違い爪に厚みを持たせて強化することもできるジェルネイルはおしゃれ以外にも巻き爪予防にも応用できるといいます。

巻き爪の原因になる歩き方
足先に重心、圧力がかかり過ぎると巻き爪になりやすいので、靴底のすり減りに偏りがあるなど「もしかして・・・」と思う当たる点があれば、巻き爪にならないように歩き方を改善していくといいでしょう。

巻き爪で炎症しているのに風呂に入ってもいいの?だめ?
炎症を起こして痛みがあるならお風呂に入ると細菌が繁殖しそうだし、お湯につかると痛いかも!?とお風呂やシャワーを敬遠してしまうことも。しかし、清潔にして化膿が酷くならないようにすることが早く炎症を鎮めることに繋がります。

 

> 自分で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ <

 

巻き爪に塗り薬で治療できる?

 

 

巻き爪が皮膚に食い込んで陥入爪になった場合など化膿してしまうので、その傷の炎症を抑えるというような塗り薬が処方されることはあります。しかし、爪が丸まって巻き爪になった場合に、爪部分に塗って巻き爪自体をを治すという塗り薬は残念ですが現在のところありません。

 

爪が変形してかっこ悪いから形を戻したいということでは塗り薬はまったく有効ではありませんが、爪が刺さってしまって激痛と伴っているときには症状を緩和させることができます。

 

巻いてしまう爪は硬いことが多いのですが、この爪を柔らかくするという目的でも塗り薬が使われることがあります。このことで爪の丸まりが改善されたり、皮膚に食い込んで出血するなどという陥入爪が解消されることもあります。

 

しかし、爪の形というのは自然には直っていきませんから、通常の形にまで戻すにはなんらかの器具を使用して矯正していくことが必要になのです。

 

巻き爪、陥入爪が痛いからといって根本の爪の形を直さずに飲み薬や塗り薬ばかり使っていてもまったく完治はしてきません。逆に鎮痛剤、炎症止めなどは体にも悪影響がありますから長期で使用するのは危険です。

 

巻き爪に薬を塗っても治らない

 

病院で処方される塗り薬としては、病原微生物が増殖しないとうに働く抗生物質のアクロマイシン、アミノグリコシド系の抗生物質であるゲンタシン軟膏、ゲンタシンクリームなどがあります。

 

巻き爪を完治させるために手術をすることがありますが、この場合でも伸びてきた爪が丸くなってきて巻き爪になる=再発することが少なくありません。

 

そのために病院で行う治療でも外科的手術をしないで飲み薬と塗り薬を出すという判断をされる医師もいるそうですが、この方法だと長期間痛い思いをしてしかも完治しにくいという事になります。

 

塗り薬や飲み薬を使用しても巻き爪を治すためには、専用のグッズ、矯正器具などをつかって爪をちゃんと矯正していくことを合わせて行うようにしましょう。

 

≫自力で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ

 

巻き爪と肉芽について

 

 

巻き爪が酷くなったり、履いている靴の圧迫などで陥入爪になってしまうことがあります。陥入爪は爪が皮膚に食い込んでしまっている状態のことをいいます。

 

多くの場合はこの陥入爪のためにばい菌が入って、炎症したり化膿したりと痛みが悪化していきます。この時に炎症から肉が盛り上がってしまってコブの様になるのが肉芽です。

 

肉芽は柔らかいのですぐに傷つき、出血しやすいくなります。痛いうえに化膿のために悪臭を放つこともあり、大きく生活に支障がでてしまうことも多いのです。

 

どんどん巻き爪と炎症が悪化してしまう!

 

 

爪が巻き込んできて、皮膚に食い込んだのに、肉芽のために爪のあたる部分がさらにデリケートになりこれまで以上に食い込みやすくなるという悪循環に陥るパターンです。

 

爪の横を切ってしまったりという巻き爪の手術をする選択もありますが、再発する可能性も高いので、すでに症状が出てしまっている場合は時すでに遅しではありますがそこまで酷い状態になる前に巻き爪を直してしまうことが大切です。

 

巻き爪の手術をしてしまえば爪が食い込むことがありませんから肉芽の解消にももちろんなるのですが、主な手術方法は爪を食い込まない様にとってしまう方法と、爪が生えない様に処置する方法です。

 

これはどちらも一長一短ありますので専門医に相談して治療方法を考えていく方がいいでしょう。

 

肉芽まではいっていなくても、爪が食い込んだ部分が化膿することで少し腫れてしまうということもあります。そういった場合は、巻き爪の応急処理を行ったり、巻き爪の矯正グッズなどで酷くならない様にしていきましょう。

 

早く治療を始めればワイヤーなどの簡単に自分でもできる巻き爪矯正グッズを使用することで症状を改善することができます。

 

> 自分で治す!巻き爪矯正グッズはコチラ <


巻き爪の矯正器具