巻き爪 フェノール法

フェノール法で巻き爪を治療する

フェノール法で巻き爪を治療する

 

巻き爪とは、爪の先端や側面が内側に巻き込んで、周囲の皮膚にくい込んだり挟んだ状態の爪のことです。痛みを伴い、炎症を起こすこともあります。

 

原因は、靴による長時間の圧迫や習慣化された深爪、スポーツや水虫などがあります。程度により治療方法が異なりますが、かなりひどくなってしまった場合の1つの治療方法として、「フェノール法」があります。

 

フェノールという薬品を使用する手術で、手術時間が短いことや痛みが少ないなどのメリットがある反面、爪の幅が狭くなるなどのデメリットもあります。

 

重度の巻き爪治療方法

 

巻き爪は、爪の先端や側面が内側に巻き込み、周囲の皮膚にくい込んだり挟んだ状態の爪を指します。変形が大きくなると、痛みを伴ったり炎症を起こしたりして、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

歩くだけで痛みがはしったり、靴下やストッキングに爪が引っかかったり、歩くのが疲れたりという悩みを抱えている人も多くいます。

 

合わない靴や女性のハイヒールなどで足の指先に過度な力が掛かること、深爪が習慣化していることがその原因として多く、他にも母趾に大きな負荷がかかるスポーツや遺伝的な要素、水虫など様々です。
改善対策としては、日常的に爪を正しく切ることや足に合った靴をはくことなどがあり、軽度のうちは、巻き爪矯正グッズを使用するなど自分でできる矯正方法もあります。

 

しかし、中度や重度になると皮膚科や形成外科での治療が必要となります。ここでは、特に中度から重度の治療法の1つである「フェノール法」を紹介します。

 

フェノール法とは

 

巻き爪の治療法の「フェノール法」は、フェノールという薬品を使って行う治療法です。中度〜重度の巻き爪に対して実施される、有効な治療方法です。

 

巻き爪のふちの部分を数ミリ切除して、爪の根っこである爪母をフェノールで腐食させて生えてこないようにします。つまり、巻き爪になる変形した爪の部分が生えてこないようにする手術です。

 

入院は必要なく、通院で手術を受けることができます。メリットとしては、厚くなった爪や湾曲の状態が強い爪でも手術が可能であること、局所麻酔なので痛みが少ないこと、術後の通院は必要な場合が多いのですが比較的短期間で治療できることが挙げられます。

 

また「フェノール法」は保険適用されるので、それほど高い手術費用がかかりません。反面デメリットとしては、爪の幅が狭くなること、再発する可能性があることが挙げられます。

 

できるだけ早い治療を

 

ここでは「フェノール法」を紹介しましたが、巻き爪に気が付いたら出来るだけ早く治療をすることが大切です。もちろん、早期発見や予防対策が一番なのですが、いよいよ足先が痛くなってきたらすぐに治療を始めましょう。

 

治療が早いと、それだけ完治する時間も早いといえるからです。放置すればするほど、自分が苦しむことになってしまいます。

おすすめの巻き爪矯正グッズ

手術は怖いけど早く巻き爪を治したいという方には「巻き爪ロボ」、酷くはないけど再発して歩くのが痛いという軽度の方は「巻き爪ブロック」がおすすめです。


巻き爪ロボの特徴

たったの30分!巻き爪を素早く矯正する器具

  • すぐに治してしまいたい巻き爪に!
  • 短時間の矯正で爪を平らに!
  • 硬い爪でも大丈夫です!

価格 評価 備考
19,800円 評価5

巻き爪ブロックの特徴

自分で簡単に巻き爪矯正ができてしまう!

  • 自分でも簡単に装着できるので人気!
  • バネの強さ、爪の幅サイズを選べる!
  • 耐久性があるので何か月も使えて経済的!

価格 評価 備考
3,000円 評価5

巻き爪の矯正器具