短く切りすぎた 巻き爪

短く切りすぎた爪が巻き爪になってきたら・・・

爪の切りすぎ

突然に爪が丸まってきて巻き爪(陥入爪)になってしまうこともありますが、爪を切りすぎてしまうというよくある行動でも巻き爪の原因になることがあります。

 

またその逆に巻き爪の場合に爪を短く切ってしまうことで、爪の横の皮膚・肉が爪に覆いかぶさるような形になってきますから余計に突き刺さってしまいます。

 

これまで巻き爪の症状はなかったのに深爪のような爪の切りすぎで、爪が食い込むようになる一過性の巻き爪(陥入爪)ならば病院に行かなくても短期間で直すことが可能です。

⇒巻き爪は矯正することで完治できます。

 

巻き爪に近い状態のとき

 

早めに対処することで本格的な巻き爪に移行してしまうのを防ぐことができますよ。やり方は簡単で、爪が皮膚に食い込まない様にテーピングや脱脂綿などをかましてしまえばいいのです。

 

爪が少しずつ伸びてきてそれが肉に刺さるから痛いんだ!とすぐに切ってしまうと、ぐるぐると爪が巻いてくる可能性が高まります。巻き爪の予防のためにちょっとだけ爪を伸ばしておくのは必須項目です。

 

症状が軽ければ伸びてきた爪が皮膚に強く当たらないように何かを噛ましておけばそのうち自然に直っていくでしょう。問題は自然にもとの健康な爪の状態に戻らないことがあります。

 

切りすぎた爪が巻き爪に!

 

 

爪を短く切ったことが発端になって、巻き爪になりかけていたのが悪化したり、まったくこれまでは足先に痛みなどなかったのに急に爪が巻いてくることもあります。

 

爪が平たんではなくだんだん丸くアーチが強くなって食い込むようになってきたら、酷くならないうちに早く矯正器具やグッズなどをつかってこれ以上悪くならない様にしていきましょう。

 

巻き爪の初期のうちなら簡単に矯正できるワイヤータイプがおすすめです。自分で爪につけるだけで簡単にできるうえ、テープなどに比べて矯正力が強いので早く治療が進みます。

 

ここでまだまだ大丈夫!と高をくくっていると、みるみるうちに悪化してしまうこともあります。指先の神経は敏感なので膿んでくると激痛を伴いますから素早く対処していきましょう。

 

page top