巻き爪で内出血してしまう原因と対策

巻き爪で内出血してしまう原因と対策

 

自分の爪を見て、巻き爪になっていませんか。痛みも特にないから放っておこうと考えている方も多いと思いますが、巻き爪を放っておくと大変なことが起きます。今回は巻き爪によって生じる内出血のメカニズムとその対策について説明します。

 

巻き爪が起こる原因としては、加齢、爪の切り方が深爪になってしまう、逆に爪をあまり切らないで放っておく、自分の足にあった靴を履いていないため足の指や爪が長時間圧迫されているなどが考えられます。

 

巻き爪を放っておくとどうなる

 

この巻き爪を放っておくことで、痛みが出現して歩く時に指をかばってしまい歩くことに支障をきたし最終的には足以外の膝や腰などにも悪影響を及ぼします。そのように体の他の部位にも影響が出る前に巻き爪を解消させましょう。

 

巻き爪で内出血が起こる!?

 

どうして巻き爪になると内出血がおきるのでしょうか。皮膚外に血がでることを出血と言いますが、その一方、内出血とは皮膚の内側で生じることをいいます。

 

そのため、巻き爪により爪の周囲の皮膚に傷がついてしまうことで、爪と皮膚の内側で出血が生じてしまうのです。どこかに足をぶつけた記憶はないのにもかかわらず、爪を見ると内出血をしていると思ったら、それは巻き爪による出血と考えましょう。

 

巻き爪を改善させる方法

 

巻き爪を改善させる方法として、まずは自分の爪にあった切り方をするということです。巻き爪になり皮膚に爪の両端が食い込むため、それを防ごうと深爪になるように切る人もいると思いますが、それは間違いです。

 

深爪に着ることで一旦は痛みが引けるように思えますが、また爪は伸びてきますので痛みが出現します。そのため爪を切る際は、円を描くように切りがちですが、伸びてきたものをまっすぐに切ることがお勧めです。

 

次に自分に合った靴選びが大切です。特に女性が履くヒールなどは親指を圧迫してしまいがちですね。また男性の方でも、自分の足に合っていないスニーカーや衝撃を吸収しない靴を履いていることでも指に負担をかけてしまっています。

 

関連記事:巻き爪の原因になる靴

 

そのため靴を選ぶ時は、まず自分の正確な足のサイズを調べることから始めましょう。また、なるべく指を圧迫しないようなつま先部分に余裕のある靴、そして歩く時に衝撃吸収をしてくれる靴を選びましょう。

 

そのため女性は毎日ヒールを履くのではなく、足の指を休ませるためにもスニーカーやヒールが低めの靴を選んで履いてみてください。男性は衝撃を吸収してくれるクッション性に優れた靴を選んでみて下さい。

 

巻き爪で生じる内出血と巻き爪対策について説明しました。自分の爪が巻き爪になっていると感じた方は是非、今からでも遅くないのでこの記事を読んで巻き爪を改善させてみてください。

 

巻き爪とは、主に足に一番力がかかりやすいとされている親指の爪に生じることが多いです。しかし、他の足の指にも起きることがあります。巻き爪は、爪の両端が皮膚に食い込むような形や爪の先端部分が分厚くなりさらに先端に行くに従い細くなるような形と様々な巻き爪の種類があります。自分の爪を実際に見てみてどのタイプに当てはまるのか確認してみましょう。

おすすめの巻き爪矯正グッズ

手術は怖いけど早く巻き爪を治したいという方には「巻き爪ロボ」、酷くはないけど再発して歩くのが痛いという軽度の方は「巻き爪ブロック」がおすすめです。


巻き爪ロボの特徴

たったの30分!巻き爪を素早く矯正する器具

  • すぐに治してしまいたい巻き爪に!
  • 短時間の矯正で爪を平らに!
  • 硬い爪でも大丈夫です!

価格 評価 備考
19,800円 評価5

巻き爪ブロックの特徴

自分で簡単に巻き爪矯正ができてしまう!

  • 自分でも簡単に装着できるので人気!
  • バネの強さ、爪の幅サイズを選べる!
  • 耐久性があるので何か月も使えて経済的!

価格 評価 備考
3,000円 評価5

巻き爪の矯正器具