巻き爪 風呂

お風呂の後で爪切り&ケアをすると巻き爪にはよい!(巻き爪体験談)

 

巻き爪の酷い時には痛みも伴うので無理をしてまでは爪切りをしないようにしています。しかし、放置しておくと爪はどんどん伸びてきてしまうのでそんな時にはお風呂にゆっくりと入った後に爪を切りすぎない程度のスクエアカットで処理をするようにするのです。

 

もちろん毎日入浴時には足を清潔に保つためにやさしく洗うこともとっても大切なようでこれによってばい菌や炎症を起こすのを抑えるようにもして気をつけることも忘れないようにします。
関連記事:巻き爪で炎症しているのに風呂に入ってもいいの?だめ?

 

入浴後の爪というのは普段の爪とは違ってとってもやわらかいので巻き爪専用の爪切りをつかうと本当にすっと簡単に力を入れなくてもカットができるので扱いやすく失敗がないのもうれしいところでもあるのです。

 

その後爪と皮膚が直接密着した痛い部分にやわらかいティッシュやコットンを小さく小さく切ったものをピンセットで間に挿入して眠るようにもしています。

 

この時爪が炎症している時には消毒液をちょこっとだけ含ませたコットンを使用すると翌朝の状態がぐんとよくなっているように感じるのですすんで丁寧にケアをするようにしています。

 

日々しっかりと清潔を保ちケアをしてあげることでものすごく痛い巻き爪の症状が少しずつは緩和されていくのでしっかりと意識を高めて行いたいものです。毎日しっかりと自分の爪をチェックすることによって悪化した時の状態にすぐに気がつけるのでやはりケアは欠かせないと思うのです。

 

爪は決して切りすぎないように向こうのお肉が見えない状態くらいのカットをしていると巻き爪にはよいようにも思います。これも経験によってだんだんと慣れてくるので慣れてくるとぱぱっと巻き爪ケアができていく気がします。

 

諦めないで痛みがでないように肌と爪の色もチェックをして日々備えることが大事ですね!

page top