巻き爪 治療 費用

巻き爪治療の費用はどのくらい?

 

病院で巻き爪の治療、矯正などをしてもらう時に気になるのはその費用ではないでしょうか?結論からいってしまうと、巻き爪の手術はとても短時間でできるものがほとんどですし、費用も思うほどかかりません。

 

ただ、矯正の場合は何か月、長い場合は何年も通う必要があるため、時間も制約されますし、安い費用でも回数が増えるとその金額も大きくなってしまいます。

 

巻き爪の治療方とその治療費

 

巻き爪の治療と費用

治療の方法もいろいろとあるのですが、手術でも3万円以下が多いようです。手術と言ってもその病院、医院によっては強制的に爪を専用の爪きりで切るだけという処置で5000円以上もかかったという話もあります。

 

ただ爪を切るという行為だけでも、この場合、手術という名目になっているためにその金額になったようですが、親切な病院では爪を切っても手術としないところもあるそうです、その場合は消毒などの治療費だけなので1000円程度だという事です。

 

巻き爪の矯正的な治療としてワイヤーを使用することがあります。爪にワイヤーを固定してワイヤーの反る力で丸るってくる爪を矯正しようというものです。

 

3TO(VHO)式というワイヤー矯正の技術を使用した治療法ではスチール鋼のワイヤーが使用され、半年〜1年という期間で爪の矯正を行います。その間、爪が伸びるとワイヤーも一緒に移動して取れてしまうので付替えを行う必要があります。

 

この方法は巻き爪の形を食い込まないように矯正していくもので、保険適用できないそうなので、かなりの費用になるようです。また定期的にメンテナンスを行う必要があるのも、さらなる出費になってしまいます。

 

ワイヤーを使わずにプレートによる巻き爪補正という矯正方法もあり、こちらも保険が適用されません。保険適用されない場合は自由診療となり、各医療機関で治療費を決めるため、良く調べていかないとすごく高額の治療費になることもあります。

 

目安としてはワイヤー、プレートなどの矯正の場合は3,000〜5,000円くらいが相場のようです。これはその地域でも違いが出てきますので目安としてくださいね。ワイヤーを使う場合は、巻き爪矯正グッズとして3000円程度から販売されているのでコチラのほうがお得に治療できます。

 

また、治療時に麻酔を行う、行わないなど治療の細かな内容でも費用は変わってきます。病院での治療で不安があればまず電話で費用について聞いて、納得できてから通う方がいいでしょう。

page top