巻き爪 VHO法

VHO法で巻き爪を治療する

VHO法で巻き爪を治療する

 

巻き爪は、爪の端の部分が湾曲し内側に巻き込んだ状態の爪のことです。足のサイズに合わない靴を履いて足先が圧迫されたり、深爪が習慣化していたり、スポーツで足先に負担がかかったり、また加齢や水虫などその原因は様々です。

 

軽度のうちは、自分で対処することができますが、どんどん食い込みが酷くなって重度まで症状が悪化すると、皮膚科や形成外科、整形外科など病院での治療や手術が必要となります。

 

その中で「VHO法」は、痛みが少ない巻き爪の治療法です。保存治療で治らない人や手術を受けずに治療したい人に有効な方法です。⇒自分で巻き爪治療するならコチラ

 

巻き爪治療「 VHO法」の方法とは

 

巻いた爪を平らに戻すのに効果がある治療法に、ワイヤーを使用した治療があります。そのなかで「VHO法」とは、「Virtuose」熟練した、「Humane」痛みが少ない、「Orthonyxie」矯正法の頭文字をとったもので、専用のワイヤーを使用し手術を伴わない治療法です。

 

症状が軽度〜重度の人まで、幅広く対応することができます。治療方法は、まず矯正用のフック状のワイヤーを爪の両側の端に掛けます。このワイヤーにループ状の別のワイヤーを引っ掛けます。

 

ループ状のワイヤーをネジっていくと爪の両端が引き上げられ、つめがまっすぐに矯正する効果が得られます。余った部分のワイヤーをカットしてから、コーティングをします。

 

コーティングをするので、ワイヤーがストッキングや靴下やなどに引っかかることがありません。治療期間の目安としては、数か月に1度交換し、約1年くらいです。

 

VHO法のメリット

 

「VHO法」は、自然治癒力を活かした手術をしない方法ですから、患者にとって体や心に負担が少ない治療法といえます。メリットは、血が出ない痛みの少ない治療法ということです。

 

また、施術時間が短く様々な形状の爪に対応できることです。個々の巻爪の湾曲形状や爪の周りの状態に合わせてワイヤーを調整することができるため、痛くて爪を伸ばせない人にも有効です。

 

3つ目は、爪を痛めることなく衛生的だということです。爪に穴を開けたり皮膚に刺したりせず、爪に引っかける構造なので、爪自体や周りに損傷を与えずさらに通気性が保たれるので、とても衛生的です。

 

4つ目は、施術後にワイヤーを装着している状態でも、日常生活には何ら支障がないということです。5つ目は、経済的ということです。手術ではないことや、施術後数か月に1度ワイヤーを交換するための通院で済むことなどから、経済的な治療法といえます。

 

VHO法のデメリット

 

デメリットとしては、1点固定法のために爪が弱い人には向かない場合があることです。様々な治療法がある中で、VHO法は、矯正が完了すると健康的で自然な形状の爪になることからも、巻爪に悩んでいる人にとっては、よい治療法ともいえます。

 

しかし、病院へ通うというのが嫌な方や時間がないという場合には向いていませんし、弱点としてまた再発してしまうということがあります。

 

再発はどういった治療方法でもあることですが、このことを踏まえると自分で巻き爪矯正できる器具を買ってしまったほうが、「ちょっと食い込んできた」と思えばすぐに処置できます。医療機器として認められているこちらがおすすめです。

おすすめの巻き爪矯正グッズ

手術は怖いけど早く巻き爪を治したいという方には「巻き爪ロボ」、酷くはないけど再発して歩くのが痛いという軽度の方は「巻き爪ブロック」がおすすめです。


巻き爪ロボの特徴

たったの30分!巻き爪を素早く矯正する器具

  • すぐに治してしまいたい巻き爪に!
  • 短時間の矯正で爪を平らに!
  • 硬い爪でも大丈夫です!

価格 評価 備考
19,800円 評価5

巻き爪ブロックの特徴

自分で簡単に巻き爪矯正ができてしまう!

  • 自分でも簡単に装着できるので人気!
  • バネの強さ、爪の幅サイズを選べる!
  • 耐久性があるので何か月も使えて経済的!

価格 評価 備考
3,000円 評価5

巻き爪の矯正器具